読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もどこかで喋っちゃおう。

井戸端系おばちゃんの雑記ブログ

日本のガラパゴスは悪い事なのか?

よく悪い意味で、日本はガラパゴスだと言われる。

世界の標準から遅れていて日本はダサイという意味でガラパゴスは使われる。

f:id:oronax:20160815064742j:plain

 ガラパゴス化ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島生態系になぞらえた警句である。ガラパゴス現象(Galápagos Syndrome)とも言う。wikipediaより

 

逆に、日本はオリジナリティ溢れていて世界が日本に憧れていて凄い国だ!というTV番組も最近はやたらと多い。果たして、すごいのか、悪いのか実際はどちらなんだろう?

個人的な意見を言えば、良くもあって悪くもあるのが真実だと思う。

 

ファッションが専門なので、ファッションを例に出す。

  1. 日本人のファッション感覚は、かなり自由度が高いようでいて自由度が低い。ロリータ、ギャルなど赤文字、青文字系などファッションのカテゴリーは多く、ここが海外から見ると羨ましい部分みたいだが、実際はテンプレートだ。テンプレートからはみ出す格好をする人は少ない。
  2. 海外と比べて流行の飛びつきが早い。もしくは浸透しやすい。テンプレート大好き日本人は、何かが流行るとワッと皆持ち出す。ちゃんとSSとAWなどで、流行を意識したファッションが雑誌やブランドから提供され、それらをしっかりと購入する日本人はオシャレ意識が非常に高い。日本に来た留学生が日本人おしゃれすぎ!と言ってると聞く。海外も流行の商材は店頭に並ぶが、着ている人は余り見かけない。今で言えばベロアとか。
  3. 日本人のファッションは基本的にカジュアル。私もカジュアルな格好をしているが、日本人が好む服装のベースにセクシーさ、女性らしさという意識は少ない気がする。女性らしさよりも、素朴で可愛らしい服装が多い。
  4. おしゃれにかける費用が海外と比べて高い。元々物価が高い上に日本人はかなりマメな国民性なので、ヘアケアや美容食品、美容グッズなどなどついつい買ってしまうのでは?美顔スチーマーとか、ローラーって高額だから海外であんまり見ない。あと治安も良いので、高級ブランドを使ってても強盗に襲われないからハイブランド使ってる一般人が多い。
  5. 髪型の自由度が高い。外国人男性ってロングがセクシーだから好きみたいで、ショートはおばさんか、すごいハイセンスな女性というイメージだけど、日本人男性はショートでも女性として認識してくれる。

基本的に日本は平和で、皆がブランド品や服などの嗜好品を購入できる金銭的な余裕がありほとんどの人々がファッションを楽しめる環境にいることは素晴らしいが、ガラパゴスがゆえの美的感覚、テンプレート意識があり強制的にどこかのカテゴリーにハマるようにしなければならない社会環境は悲しいことだと思う。

皆がほぼ同じ裕福さという価値観があるから、学校の制服購入、卒業式は袴着るとか、新卒スーツとかのカテゴリーね。貧乏な国と違って、普通の人が普通でいる為に掛かる費用や社会的プレッシャーみたいのが高い。ここらへんは移民でもどんどん入れちゃって、異文化をどんどん入れ込んでいってほしい所。結局ここを突き抜けないとガラパゴス内需しか意識してないから景気の底が見える。

 

海外の人ってケチっていうか、服をプロパーであまり買わないしどこも同じような世界的ブランドばかり並んでいる。それと比べて、内需だけで業界が機能してきた日本人の購買欲の高さは素晴らしい。だからこそ、沢山のファッションカテゴリーは誕生したし未だに存在し続けていられる。下のランキングは毎年似たような顔ぶれだけど、ほぼ日本国内だけの売り上げで10位に入るしまむらは恐ろしいと思う。

www.fashionsnap.com

最近はアパレル企業の合併や、店舗撤退が多くて内需頼りの経済には限界が見える。

どこも似たような服ばっかり売ってるし、最近は上下ユニクロコーデ、しまむらトロールなどプチプラの服が持てはやされる。正確にいうと、買う余裕が少なくなった?のかと感じる。

 

ここで、いきなりいざ海外進出!と狙っても日本のファッション感と海外のほとんどの国のファッション感が大きくかけ離れている(カジュアルとセクシーさ)し、服にかける金銭感覚も違うので成功は難しいだろう。

そもそも日本向けのノウハウはあっても、国ごとの人気の色、テイスト、生活環境などの知識が少ない。商品開発を行う時に、日本向けに開発するのと海外向けに開発するのを分けるべきか、ガラパゴスを活かすべきなのか?

ガラパゴスは強みでもあり、弱みでもある。